ロレックスデイトジャストは中古でも大変人気があります

ロレックス自社開発の機械式自動巻き時計

宝石が入ったゴージャスなモデルも人気 | ロレックス自社開発の機械式自動巻き時計 | 投資の対象となって価格が高騰

サイズや型によりますがデイトジャストは、ロレックスの自社開発の機械式自動巻きのムーブメントを搭載されており、特にキャリバー2236やキャリバー3235モデルは名品として知られております。
精確性やパワーリザーブ機構に加えて、耐衝撃性や対磁力性能などを持っており、日常使いをしても信頼性と利便性を損なわない機械式時計なのです。
このクラシックモデルの誕生は1945年まで遡り、ダイヤルの3時の位置に日付窓の小窓を装着したことを契機に誕生しました。
自動巻き機構であり精確なクロノメーターを搭載しており、技術的に大変優れた腕時計だったのです。
世界中でヒットして、ロレックスの名を一躍高めたことで有名になります。
後継のエクスプローラーなども大きな影響を受けている、派生モデルの元祖的な一本なのです。
時を超越した流行に左右されないデザインは、クラシックウォッチを語る上でも、外せない名品として必ず名前が挙がるモデルになります。
世界的な機械式時計ブームは2000年代から始まりました。
それまではクォーツ時計やデジタルウォッチが主流であり、機械式時計は一部のマニアや富裕層のみが購入する傾向があったのです。